2013年11月17日

【岩泉町】岩泉線廃止、ブルトレ誘致

R9917590.JPG
岩泉町は来年夏にも、同町乙茂のふれあいらんど岩泉に「列車ホテル」を開業する。昨年3月に引退した寝台特急「日本海」の寝台車3両を譲り受けることになり、東日本大震災被災地で不足している宿泊施設として活用することにした。地域振興の呼び水として期待は大きく、町は今後スポーツ合宿誘致などに力を入れる。子どもらに喜ばれる施設となりそうだ。

 JR岩泉線の廃線が決まった同町に、交流人口拡大をけん引する新たな列車がやってくる。盛岡市のNPO法人岩手未来機構(木村要一理事長)から日本海の車両3両の寄付を受けることになった。

 同法人は復興支援の一環と位置付ける。震災により沿岸部で宿泊施設不足が深刻と知り「寝台列車であればすぐに宿泊施設として利用できる」と考えた。今年3月、JR東日本から車両を購入した。

寝台特急「日本海」 東海道本線、北陸本線、羽越本線などを経由して青森と大阪を結んだ。急行として1947年7月に運行開始し、68年に特急列車化された。希少価値がある青色車体の「ブルートレイン」として高い人気を誇ったが2012年3月17日のダイヤ改正で運行を終了した。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20131114_3
posted by pokeo at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

都営地下鉄24時間運行 三大都市圏に新特区制度で

政府の産業競争力会議の民間議員が三大都市圏などを対象にまとめた新たな特区制度の具体案が16日、分かった。東京都では、都営地下鉄・バスの24時間運行や医療の国際化を推進。大阪府・市や愛知県で法人税を大幅に引き下げることや、農業への企業参入を促す規制緩和を盛り込んだ。

 新たな特区は「アベノミクス戦略特区」(高度規制改革・税制改革特区)と名付ける。安倍晋三首相をトップとする「特区諮問会議」をつくって新設の特区担当相が関係省庁に規制の見直しを要求するなど、政治主導の体制を整備することも要請した。(共同)http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130416k0000e020201000c

IMGP3683.JPG
posted by pokeo at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

【青森県】北海道新幹線「約束とちがう!」

2015年度に開通する北海道新幹線で、国が2月に示した新青森―新函館(仮称)間の所要時間を1時間とする試算に、県が反発している。県は元々、40分とする計画を了承し、工費を支出してきたからだ。三村知事は5日の県議会で「国の対応を見極め、厳格に対応する」と述べた。(朝日新聞

(コメント)ごもっともな指摘です。
貨物の本数はどの程度なのでしょうか。
また、トンネルに進入してよい列車本数なども決まっていたと思います。(理由:防災上の観点から、1本しか進入してはいけない等)
貨物と新幹線の時間帯を分けるのは、保守作業時間帯などを考えると、難しいのでしょうか。5000形 1645海老名 854ロマンスカー 581ポイント 525京急 512京阪 487牽引 484構図 466菜の花 454撮影記 449最近注目されているキーワードダイヤ改正 9396300系 4409日本海 3427貨物 3003改正 2970運転 2667試運転 2585機関車 2468特急 2412新幹線
鉄道コム

posted by pokeo at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

【渋谷】渋谷駅が超高層に…「全部造り変え」

戦後、渋谷駅の機能強化を図るため、東急電鉄の創業者、故・五島慶太は「渋谷総合計画」の立案を依頼した。それに基づき1954年以降、著名な建築家「坂倉」の設計した建物や連絡通路が数多く誕生した。今回の駅の造り変えで、それ以前に竣工した建物を含めすべてが解体される。

足掛け11年。

数々の鉄道駅の改良も含みながら、計画が動き出している。
20120202 183316.jpg
(以下は、ケンプラッツ総合 日経BP社のホームページです。)
(大特集が組まれています。)


<新渋谷駅のイメージと今の渋谷駅>

 ▼渋谷駅の整備イメージを北西から見下ろす。東京メトロ銀座線ホームを東(図で
は左上)に移動する。JR埼京線ホームは北(左下)に移動してJR山手線ホームと並べ
る。国道246号沿いに超高層の駅ビルを建てる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-1471211293
 ▼駅東口を南東から見る。写真中央から左にかけて連続アーチ屋根のかかっている
のが東急東横線渋谷駅。2012年度中に地下化する予定で、跡地をJR埼京線ホームや
新しい駅ビルなどに充てる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-112816400
 ▼駅東口を北東から見る。東京メトロ銀座線ホームは現在、東急百貨店東横店内に
ある。これを東(写真では左)に130m移動させる。正面の建物は東横店東館で、2013年
3月に営業を終了する。跡地は駅前広場やJR埼京線ホームなどに充てる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-33280741
 ▼駅ハチ公口を北西から見る。スクランブル交差点に面し、渋谷の顔となっている。
正面右の建物は東急百貨店東横店西館。2012年1月時点では営業終了などの告知はない
ものの、都市計画上は敷地を駅前広場にすることが決まっている。正面左は東横店東館
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=1791596755
 ▼駅ハチ公口の忠犬ハチ公銅像。1948年に制作した2代目だ。初代は1934年に制作
されるも1945年に戦時供出させられた。1989年の駅前広場拡張に伴って場所を移動し、
向きを北から東(駅方面)に変えた
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=1854396183
 ▼駅ハチ公口に展示してある東急旧5000系電車。1954年に製造が始まり1986年に運
行を終えるまで、東横線や目黒線(当時は目蒲線)で活躍。「青ガエル」などの愛称
で親しまれた。ハチ公口には2006年に設置
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=1877484208
 ▼駅西口を南西から見る。正面が東急百貨店東横店南館、左が同西館。南館も2012年
1月現在では営業終了などの告知はないものの、都市計画上は敷地を駅前広場と新しい
駅ビルにすることが決まっている
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-55558098
 ▼駅西口のモヤイ像。1980年に伊豆諸島の新島村から渋谷区に寄贈された。ハチ公
ほど著名な存在ではないものの、待ち合わせスポットになっている
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=635235610

<銀座線ホームを東に移動>

 ▼東急百貨店東横店内のホームに到着する寸前の銀座線電車
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=78465300
 ▼回送電車が写真右の東急百貨店内の渋谷駅に移動するところ。写真左の渋谷マー
クシティ内に留置線があり、電車が折り返す
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=825593789
 ▼銀座線渋谷駅の現状と改良計画。ホームを東に130m移動。東側出口は渋谷ヒカリ
エと並ぶ
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-1127661481
 ▼銀座線渋谷駅の現状と改良後の断面イメージ。1面2線にして幅を12mに広げる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-955886575
 ▼銀座線渋谷駅新ホームのイメージ。幅員を広げるほかホームドアを設置する
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-1125814439
 ▼移動の概念図。横方向にはコンコースやデッキで、縦方向には立体広場「アーバ
ンコア」で移動する。銀座線は3階に位置し、図中の「新文化」は渋谷ヒカリエを指す
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-1126737960
 ▼渋谷ヒカリエに設けるアーバンコア。地上4階から地下3階まで、エスカレーター
とエレベーターで移動できる。アーバンコアは駅周辺に複数設ける予定であり、ヒカ
リエに設置するものはプロトタイプの位置づけだ
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=1677080151
 ▼渋谷ヒカリエのアーバンコアは2012年1月現在、地下鉄副都心線渋谷駅の15番出口
として既に供用が始まっている。改札のある地下3階と地上1階だけに止まるエレベー
ターが動いている
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=1684468319

<銀座線移設には11年>

 ▼明治通りをまたぐ銀座線高架橋を北側から見る。架け替えによってスパンを広げ、
道路や駅前広場の空間を生み出す
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=20283477
 ▼渋谷区が示しているスカイウェイの概念。駅の東西を4階レベルでつなげる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-2134718060
 ▼銀座線各駅の改修イメージ。全駅にホームドアを付け、利用者の転落を防ぐ。
そのために、一部の駅では柱を移設する
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-1124890918
 ▼東京メトロが2012年春に運行させる銀座線新型車両「1000系」。1927年の地下鉄
開業当時から親しまれた旧1000形をモチーフとし、レトロ調のデザインとした
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=568868306

<埼京線を近づける>

 ▼南側から埼京線ホーム(写真中央から右)と山手線ホームを望む。埼京線ホーム
を北に移動して山手線ホームと並べる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=906863637
 ▼JR線と東急線に挟まれた道路から埼京線ホームを見る。電車の上部に通路を設定
しているのが分かる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=994598132
 ▼渋谷駅の新南口を北東から見る。埼京線ホームと直結する。建物上層階はホテル
メッツ渋谷になっている。線路西側の桜丘地区へは迂回が必要で不便だ
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=1052779955

<山手ホームを島式に>

 ▼埼京線と山手線の現状と改良後の断面イメージ。新しいホームは幅がそれぞれ
15m程度になる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-954963054
 ▼JR渋谷駅の位置関係。ピンク色で囲んだ逆T字形のエリアが新しい駅となる。国道
246号に面した部分は超高層が想定されている。1階の北側と西側がセットバックし、
東西自由通路やバス停などになる。北側部分は4階建てを想定、こちらにも東西自由通
路を設ける
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-1213548934
 ▼現状の桜丘地区。高度利用があまり進んでいない。再開発の予定があり、2015年度
の着工を目指している
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=854222940

<超高層の駅ビルが246沿いに>

 ▼新しい駅ビルと駅前広場の位置関係。駅ビルは赤い着色部分に建てるが、濃い赤
の部分は1〜2階がセットバックして交通広場になる。広場機能を阻害しない程度の柱
なら立てられる。また、中央部を南北(図では縦方向)にJRの2路線が貫通する
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-1212625413
 ▼渋谷駅西口のバス停。横断歩道を渡る必要のある乗降場が多い
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-26928947
 ▼国道246号のJR・東急線高架下。北側の歩道を東から見る。薄暗く人通りも少ない。
駅側に6m広げて新たに歩道を設けることが都市計画決定している。駅ビル内の南北に
も自由通路を2本設け、東西に移動しやすくする
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=161582190

<坂倉準三の惜しまれる建築群>

 ▼東急百貨店東横店東館を東から見る。故・渡辺仁(1887年〜1973年)の設計で
1934年に完成した。坂倉準三が設計した南側の増築部分を含め2013年3月末に閉店と
なり、その後に解体される予定だ。渡辺仁は銀座の和光ビルなどを設計した
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-200550895
 ▼東急百貨店東横店東館増築部分を東南から見る。坂倉準三の設計で1954年に竣工
した。2013年3月末の営業終了以降、解体予定
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-82340207
 ▼渋谷駅東口の東急文化会館に通じていた連絡通路を東南から見る。坂倉準三の設
計で1956年に会館とともに竣工した。2012年1月現在も使用されているものの、銀座
線の新ホーム建設に伴い解体される予定だ
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-164533576
 ▼東急東横線渋谷駅を東南から見る。連続アーチ屋根と扇形壁面が印象的。東横線
は2012年度中に地下化を予定しており、その後、解体される予定
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-113739921
 ▼壁面のディテール。鋼板とみられる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=109865014
 ▼東急百貨店東横店南館を南西から見る。坂倉準三の設計で1970年に竣工した。窓
の配置が特徴的。駅の工事が進めば、西館とともに解体に至るとみられる
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=-24158384
 ▼東急百貨店東横店南館の窓。規則性があるのかないのか……
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=603835896
 ▼東急百貨店東横店西館を南西から見る。戦前に4階までで建設が中断していた。
5階から上は坂倉準三の設計で1954年に東急会館として竣工
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=631541526
 ▼地下鉄銀座線の高架橋が東急百貨店東横店西館に潜り込む箇所。内部に銀座線
渋谷駅がある
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=636159131
 ▼東急百貨店東横店西館を北(ハチ公口)から見る。右の超高層は渋谷マークシティ。
以前は坂倉準三が設計した京王ビル(1961年)が建ち、連絡通路でつながっていた
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=659247156
 ▼東急百貨店東横店西館の壁面ディテール
http://nkkp.jp/a/bn/20120126/557095/?SS=imgview&FD=715581937
急行 北斗星 京都 運行 駅舎 ステッカー ポイント 北海道 営業運転 問題 ダイヤ改正 日本海 運転 貨物 新幹線 300系 貨物列車 運休 特急
塗装


鉄道コム


posted by pokeo at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

【東武】押上踏切廃止へ・周辺には留置線と地下構造物

東京都墨田区は、五月開業の東京スカイツリー(同区押上)最寄りの「開かずの踏切」を解消するため、高架化する方針を決めた。開業後に予想される交通渋滞を緩和する狙い。国が認めれば二〇一七年度に着工し、二三年度末の利用開始を目指す。都内の鉄道立体化は都が主体となっており、区施行は足立区に次いで二例目。
東京新聞

大きな地図で見る

(コメント)
・対象の踏切は、東武鉄道 伊勢崎線 押上踏切。
・同踏切は、2003年に開業した半蔵門線建設工事にともない、京成押上線と同じ位置にあった踏切撤去後は、同区間に存在する唯一の踏切となっていた。
・区が事業主となるケースは、同線足立区竹ノ塚駅にある、竹ノ塚踏切(昨年十二月に事業認可)がある。

・業平橋駅〜曳舟駅間は両端の駅が高架駅となっているが、地平には留置線および仕業線がある。この留置線は、列車留置だけではなく、浅草駅始発の特急列車への給水や車内整備等も行っているため、同施設の存在が最大のネックとなる。
・すなわち、留置線・仕業線の移設には莫大な費用がかかるため、本線のみの高架化が計画されようが、分岐器の敷設、勾配条件、有効長確保などかなりの制約を受ける点である。


大きな地図で見る
↑同踏切の曳舟駅方(北千住・春日部方)を望む。
・線路の高架化が困難という点から、単独立体交差(道路のアンダーパス化)を考えようにも、京成押上線のトンネル躯体が支障する。(写真足元が京成押上線の地下設備)
・2003年開業の半蔵門線建設関連では、写真奥方(踏切より曳舟駅寄り)を高架化してる。同踏切も一体的に立体化整備すれば、結果的には安価になったはずであるが、当時、都はもちろん墨田区も、この踏切の立体交差化の必要性は感じていなかっただろう。スカイツリーの夢が現実となった今、一体整備していれば、というあるべき理想を顧みつつも、新たな工事が始まろうとしている。


IMGP1193.JPG




鉄道コム
ポイント 479
マーク 牽引機 車体 甲種 シキ 撮影分 北斗星 小田急 通過

posted by pokeo at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

【青森市】旧青函連絡船「八甲田丸」老朽化で解体か

IMGP0051.JPG
青森市の青森港に係留、公開されている「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」を存続するか、廃船とするかをめぐり、市が進める論議が注視されている。就航から50年近くたち、老朽化が進む船体の維持には多大な費用が見込まれる。船を所有する市にとって悩みの種だが、連絡船の歴史的価値が再評価され、市民からは存続を望む声が上がっている。市は本年度内に結論を出す方針だ。
河北新聞

IMGP0068.JPG
(コメント)
船内には、国鉄毛布などの展示も残されるなど、貴重な八甲田丸が廃船の危機です・・・。
5255F 成田臨 動画 5000形 登場 鉄道模型 名古屋 近鉄 参加 新宿 日本海
運転 新幹線 ダイヤ改正 特急 快速 撮影地 山手線 新駅 211系

鉄道コム





posted by pokeo at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

【堺市】LRT中止へ

大阪府堺市は、南海電鉄と阪堺電気軌道に対し、両社による市中心部での運行を計画していたLRT(次世代型路面電車)整備の中止を申し入れたことがわかった。

よみうり
posted by pokeo at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。