2011年10月18日

【JR西日本】豪雨で孤立の特急を救出せよ

JR西日本は、台風12号の豪雨により、紀勢本線 新宮駅(和歌山県新宮市)で立ち往生したままの特急用車両3編成(計18両)の“救出作戦”を計画している。
R0013217.JPG
これは、JR東海管轄の紀勢本線の復旧を受け、同車両を三重県まわり、すなわち紀伊長島、松坂、津、亀山、名古屋方面経由で回送しようというもので、JR西はJR東海と調整を進めている。

台風の接近時に新宮駅で止まっていた特急「スーパーくろしお」の2編成と、特急「オーシャンアロー」の1編成は動けなくなった。白浜駅で浸水被害を受けた「オーシャンアロー」の1編成も修理中だ。

現在、大阪方面からの特急は車両不足で本数を減らして運転し、1日7往復あった新宮方面への特急は、2往復。熊野三山などを抱える和歌山県南部の観光関係者にとって、特急の本数減は死活問題になっている。

よみうりオンライン


(コメント)
287系が落成していますので、前倒しして使用しても良いのではないでしょうか。各種試験(誘導障害など)があると思うので、難しいのでしょうか。


編集元:pokeo


よろしければ、お願いいたします。
鉄道コム


posted by pokeo at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。