2016年08月29日

【東京メトロ】東武鉄道とクロネコを地下で飼う?

東京地下鉄(東京メトロ)と東武鉄道、ヤマト運輸などの宅配便大手3社は9月、地下鉄による宅配便の輸送実験をする。宅配便各社の物流拠点から東京メトロなどの駅に荷物を運び、回送列車で輸送する。届け先に近い駅に到着すると、宅配便各社が荷物を引き揚げて配達する。宅配便の運転手不足や道路の渋滞などの問題に対し、どの程度の効果があるかを検証する。

 東京メトロの有楽町線と、同線との直通運転をする東武鉄道の東武東上線で実験する。ヤマト、佐川急便、日本郵便の宅配便大手3社が参加。東京都の新木場駅や埼玉県の和光市駅に近い物流拠点からトラックで駅まで荷物を運び、列車に積み込む。東京都心部にある東京メトロの有楽町、銀座一丁目、新富町の地下鉄駅から地上に荷物を上げ、宅配便各社のトラックで配達先まで届ける。

 宅配便は運転手の不足から物流網の維持が懸念されている。ヤマトは岩手県や宮崎県の路線バス、佐川は新潟県の鉄道で宅配便の荷物を運ぶ取り組みを始めている。都心部でも宅配便の鉄道輸送による渋滞緩和への期待がある。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26I0N_W6A820C1TI1000/(日経)

 ただ、都心の鉄道は朝夕の通勤ラッシュで混雑しており貨物輸送の利用には課題も多い。
DSC_6248.JPG
(コメント)
通勤ラッシュ時間帯以外は、車両は空いているので、試す価値はありそうです。
ただ、駅と物流センターの間はどうするのでしょうかね。新木場の車庫の訓練用ホームがヤマトのトラックと連絡できるようになっていたりして。

東武鉄道が絡んでいますが、最近の東武はスカイツリーがひと段落して更にいろいろチャレンジが見えてよいですね。
posted by pokeo at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下鉄(東京メトロ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。