2013年11月26日

【メトロ】東京メトロ 東西線木場駅で世界初の改良工事

東京メトロは11月15日、WTO(世界貿易機関)の対象案件である東西線木場駅改良土木工事の一般競争入札を実施し、鹿島・鉄建・銭高組JVを落札者に決定したと発表した。落札額は47億7200万円。

 入札にはほかに、熊谷組・西武建設JV、大成建設、佐藤工業・東亜建設工業・大豊建設JV、清水建設・東急建設・鴻池組JVの4者が参加した。

 改良工事は既設のシールドトンネルを解体して、改札階など新たな空間を創出する世界初の試み。列車を運行しながら、地上から掘削を進める。工事区間の掘削幅は22.2m、掘削深は26mで、延長は68.5m。工期は90カ月で、2020年度の工事完了を予定している。設計はメトロ開発が担当した。
IMGP9182.JPG
 東西線の木場駅は1日に平均7万ほどが利用し、平日は午前8時から9時ごろまでの朝の通勤・通学ラッシュ時に構内が混雑する。特に、ホーム階のエスカレーターの手前と改札階の混雑が激しく、駅構内の混雑緩和と利便性向上が課題となっていた。

 改良工事では、ホームとコンコースを拡幅するととともに、エレベーターとエスカレーターを増設し、ホームから出入口までの移動時間を2分ほど短縮(従来より約44%削減)する。
IMGP0370.JPG
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20131120/640969/
(コメント)
・写真は「イメージ」。都営地下鉄浅草線・高輪台駅。同種構造ということで。
・構造的には、半蔵門線・永田町駅や、千代田線・新御茶ノ水駅のように、いわゆるメガネ断面の駅になるということです。
・ただし、営業中の改良は、大変リスクの高いもの。円形で土圧に抵抗しているものを壊すのですから…。東西線だと、地下水の影響も大変気になります。
・トンネル内には、光波測定機が張り巡らされ、季節の微動誤差に悩まされながらも、線路やトンネル側面の微動をリアルタイムで把握するのでしょう。
・有楽町線・小竹向原駅改良工事では、工事で撤去中の700kgもあるコンクリート塊(撤去材)を営業線に落してしまい、ケーブルを切断しています。
・今後は、新線建設ではなく、既存駅の改良が東京メトロの技術力に直結しますので、ぜひとも無事故で行ってほしいものです。

http://www.tetsudo.com/
posted by pokeo at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下鉄(東京メトロ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

【岩泉町】岩泉線廃止、ブルトレ誘致

R9917590.JPG
岩泉町は来年夏にも、同町乙茂のふれあいらんど岩泉に「列車ホテル」を開業する。昨年3月に引退した寝台特急「日本海」の寝台車3両を譲り受けることになり、東日本大震災被災地で不足している宿泊施設として活用することにした。地域振興の呼び水として期待は大きく、町は今後スポーツ合宿誘致などに力を入れる。子どもらに喜ばれる施設となりそうだ。

 JR岩泉線の廃線が決まった同町に、交流人口拡大をけん引する新たな列車がやってくる。盛岡市のNPO法人岩手未来機構(木村要一理事長)から日本海の車両3両の寄付を受けることになった。

 同法人は復興支援の一環と位置付ける。震災により沿岸部で宿泊施設不足が深刻と知り「寝台列車であればすぐに宿泊施設として利用できる」と考えた。今年3月、JR東日本から車両を購入した。

寝台特急「日本海」 東海道本線、北陸本線、羽越本線などを経由して青森と大阪を結んだ。急行として1947年7月に運行開始し、68年に特急列車化された。希少価値がある青色車体の「ブルートレイン」として高い人気を誇ったが2012年3月17日のダイヤ改正で運行を終了した。
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20131114_3
posted by pokeo at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【富士急】RSEあさぎり は3連に短縮します

「リゾート・スーパー・エキスプレス」(RSE)の愛称で昨年3月まで営業運転していた小田急電鉄の特急ロマンスカー「あさぎり」(20000形)が、装いも新たに来夏、富士急行線(大月−河口湖間26・6キロ)に登場する。観光鉄道の機能を強める富士急行では現在運行している「フジサン特急」の後継車両を検討する中で、富士山眺望で優れた窓構造から小田急電鉄との交渉で譲渡契約が成立した。富士山の静岡県側を快走したあさぎりが、今度は山梨県側で富士山へと観光客を誘(いざな)う。

 ◆特徴は視界のよさ

 あさぎりは7両連結2編成が製造され、平成3年3月16日にデビューした。小田急線からJR東海御殿場線へ乗り入れ、当時は新宿−沼津間を走った。車両の座席は通常より一段高く、窓が広い。展望車両はないが、先頭車両の運転席が低いため前方の視界がよいのが特徴。座席ピッチも広い。4年にはデザインと機能性に富んだ優秀車両を表彰する鉄道友の会の「ブルーリボン賞」を受賞している。

 富士急行では「富士山に一番近い鉄道」をキャッチコピーに旅行客のおもてなしとして「マッターホルン号」「富士登山電車」や子供たちに人気の「トーマスランド号」など8種類のデザイン車両を走らせて、“撮り鉄”や“乗り鉄”の人気を集めている。このうち「フジサン特急」は14年2月から運転しており、後継車両の導入を検討。「ゆったりと座って、窓が広く富士山眺望がすばらしい仕様」の新車両導入を計画する中で「あさぎり」に着目した。

 ◆車体愛称も変更

 今月7日に譲渡式が行われ、富士急行交通事業部の奥田壮一鉄道担当課長によると、現在は車両メーカーの車庫で7両1編成を3両1編成(170席)にリメークする作業が行われている。さらに内装を一新して車椅子乗車が可能な仕様を施し、外観デザイン、車体愛称も富士急行線の“新たな顔”となるように変更する。また「あさぎり」時代には「走る喫茶室」とも呼ばれたことから、新たな車内サービスも検討中だ。なお「フジサン特急」は1編成を残す。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/131116/ymn13111602030000-n1.htm
RSE.jpgdeナイト号 New 572ブルートレイン New 564逆光 New 524583系 New 493富士山 New 491順光 New 488送り込み回送 New 488常磐線 New 458鉄道コム New 415光景 New 414最近注目されているキーワード紅葉 ↑ 2439運転 ↓ 2278機関車 ↑ 2109撮影地 ↑ 1892あけぼの ↓ 1861特急 ↑ 1773イベント ↓ 1765貨物列車 New 1755ヘッドマーク ↑ 1725新幹線
(コメント)
・JR東日本主導で、新宿駅から定期直通列車を出さないものですかね。
鉄道コム

posted by pokeo at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。