2013年03月31日

【芝山鉄道】所属車両を3500形に変更

芝山鉄道においうては、京成電鉄からのリース車両として、3600形8両が所属していたが、同社のHPによれば、4月1日(月)から、所属車両を下記車両に変更する旨が案内されている。
DSC_3357.JPG
      記
1.形式    3500形
2.車両番号 3537,3538,3539,3540
http://www.sibatetu.co.jp/oshirase/2013/03/post-198.html

(コメント)開業以来、なぜか8連の3600形がリースされ、自社線にはほとんど顔を見せませんでしたが、今回の変更で、若干は顔を出しやすくなるのでしょうか。Youtubeの動画では、3000形(6連)のものと思われる動画が多いので、これまた運用に入らないのでは?
北近畿 1021ラストラン 745名古屋 721芝山鉄道 679運行 590風景 503北近畿号 460撮影記 437臨時列車 427名鉄 422最近注目されているキーワードダイヤ改正 4872特急 3222運転 3061貨物 29593000系 2689回送 2560機関車 2204撮影地 2198貨物列車 2158快速
鉄道コム

posted by pokeo at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

【しなの鉄道】169系S51編成を静態保存

 しなの鉄道は、同社所有の3編成のうち、169系のトップナンバーs51編成の運行終了後、坂城駅で静態保存することを決定した。これにあたり、169系s51編成は湘南色に変更する。
http://www.shinanorailway.co.jp/news/docs/sakaki_hozon_s51_info.pdf
R0013618.JPG
(コメント)
・しなの鉄道が、保存・維持管理にかかる費用を負担するのでしょうか。
・ファンとしては嬉しい反面、「北しなの線」等、今後の経営は一層リスクが高いと思われます。経営健全化の観点からは、複雑な心境です。負担が大きくはないでしょうか?
http://www.shinanorailway.co.jp/news/2013/03/680.php
・自分を含め、「金」を「失」わない「鉄道趣味」で、鉄道の経営を苦しめているような状況が生じてはいないでしょうか。うーん、複雑です。北近畿 643大阪 589位置 532時刻表 516模型 466485系 457用事 446光景 417常磐線 417撮影場所 414最近注目されているキーワードダイヤ改正 5031特急 3137運転 3105貨物 29093000系 2675回送 2362撮影地 2329機関車 2103貨物列車 2067疲れ様
鉄道コム

posted by pokeo at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 地方民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月27日

【JR東+小田急】小田急線の複々線化で3社乗り入れ運用拡大

DSC_3291-001.JPG

小田急電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社は、小田急電鉄で行われている「複々線化」の工事完了後の増発を見越し、車両運用を柔軟にすべく、小田急線、千代田線、常磐線(各駅停車)を、それぞれの車両が相互に直通運転する運行形態の実現に向けた車両の準備を開始することを発表した。
http://www.jreast.co.jp/press/2012/20130311.pdf
http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/7938_5443062_.pdf

1.準備期間
2013年4月〜3年程度

2.準備内容
小田急車両(4000形)及びJR東日本車両(E233系)に3線を走行するための保安装
置搭載等の車両改造を開始。
なお、東京地下鉄車両(16000系、06系、6000系)は、既に常磐線(各駅停車)及び
小田急線を相互に運転しており、3線走行が可能な車両となっている。

(コメント)
・発表のない209系1000番台は、2016年時点で車齢17年です。

・209系という薄命形式ではありますが、機器更新で生き残るのでしょうか。

・それとも今後、常磐緩行線のCBTC化試験車などに供される運命が待っているのでしょうか?(その時はもちろん、我孫子〜取手を昼間に線路閉鎖して試験が行われるでしょう!)

・小田急においては、複々線化が本格完了。朝ラッシュ時の上り方面の混雑は、凄まじいものがありますが、向ヶ丘遊園から一挙・都心までの実質複々線化が完了することとなります。

・先日、渋谷の切り替えが完了した東急東横線は、新横浜駅への次章が設けられていますが、小田急の未来はいかに?!
posted by pokeo at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | JR東日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月19日

【JR東日本】車両基地にメガソーラー、電車運行にも活用

JR東日本は、千葉市美浜区にある京葉車両センター構内の未利用地6600m2に、太陽光パネルを設置。3月ごろから稼働させる。年間の想定発電電力量は1000MWh。1日平均では約2700kWhで、山手線の1編成が約4周走行する際の消費電力に相当する。一般家庭であれば約270世帯分を賄える量に当たる。再生可能エネルギーを利用することで、年間に削減できるCO2の量は約500tと試算している。

 発電した電気の半分程度を同車両センター構内の事務所や車庫にある設備や空調などに使用しし、残りを配電線経由で自社の変電所へ送って鉄道運行に利用する。同社は太陽光で発電した電気を安定的に利用するため、電力系統を制御して電気を遠くへ送る技術を開発しており、この試験も併せて実施する。

 JR東日本は、省エネ対策として鉄道電力システムへのスマートグリッド(次世代送電網)技術を積極導入する方針を打ち出しており、メガソーラーの設置はその一環。同社はこれまで東京駅、四ツ谷駅、平泉駅などに太陽光発電設備を設置して駅の省エネに活用しているが、出力1000kW超のパネルを設置するのは初めて。
DSC_2893.jpg
posted by pokeo at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | JR東日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。