2013年02月26日

【東京メトロ】有楽町線でトンネル高さ不足

DSC_8782.JPG
 東京地下鉄の有楽町線のトンネルで高さが不足していたことが判明。同社は2月11日から17日まで、小竹向原駅から千川駅に向かう同線の一部を徐行運転とした。

 高さが不足していたのは、小竹向原駅から千川駅に向けて400mほど入った位置から約30mの区間。設計ではレールから天井まで4700mmの高さを確保するよう求めているが、最大で37mm不足していた。

 東京地下鉄では、有楽町線と副都心線との平面交差を解消するために新たなトンネルを設け、既存のトンネルと接続する事業を進めている。この接続部の高さが不足していた。軌道の切り替え工事を2月9日に終え、レールからの高さを測定して判明した。

 高さが不足した原因は、トンネル同士を接続する際に撤去したはずのコンクリートが一部、天井に残っていたから。

 接続区間のトンネルは、小竹向原駅から千川駅方向を見て緩やかに左に曲がっている。既存のトンネルの左側の側壁などを切り開き、新たに建設したトンネルと接続した。

 接続するにあたっては、既存のトンネルの内側に設けたコンクリートの壁をワイヤソーで撤去して内壁の高さを合わせた。この際、「ワイヤソーの先端が設計の断面まで入りきらずに一部が残ってしまったようだ」(東京地下鉄)。

 残っていたコンクリートは17日までに撤去。18日の始発電車から徐行運転を解除した。同社によれば、不足した高さは最大で37mmと小規模だったので、安全な運行に支障はないと判断して徐行運転で対応したという。

 新たなトンネルは、「小竹向原〜千川間連絡線設置工事」の一部として開削工法で築いたボックスカルバート。既存のトンネルの構造もボックスカルバートだ。

 トンネル同士を接続した工事は完成検査から時間が経過しており、東京地下鉄は検査が不十分だったことを認めて施工者の責任を追及しない考え。施工者の名前も非公表としている。
(日経コンストラクション
)
posted by pokeo at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下鉄(東京メトロ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

【JR東日本】シンガポール事務所を開設 アジア展開の拠点

DSC_2345.JPG
 JR東日本はこのほど、シンガポールに事務所を開設すると発表した。アジアにおける海外拠点として4名が配置される予定で、アジア地域の鉄道・生活サービス事業に関する情報収集、市場調査、広報活動などの業務を担当する。
 同社は2012年10月に策定したグループ経営構想の中で、グローバル化をはじめとする「新たな事業領域への挑戦」を掲げ、海外事務所の開設を通して海外鉄道プロジェクトへの参画をめざしている。
 昨年11月にヨーロッパの拠点として、ベルギー・ブリュッセルに海外事務所を開設。2月1日付で現地での支店登記を済ませた。ベルギー事務所では5名が業務を行い、鉄道事業に関する情報収集、市場調査、広報活動、資材取引先の開拓などを担当している。シンガポール事務所はこれに続くもので、3月15日に開設され、アジアの拠点となる予定だ。
(記事;http://news.mynavi.jp/news/2013/02/06/086/
(記事;http://www.asahi.com/business/update/0206/TKY201302060003.html?ref=rss

(コメント)
JR東海にも、シドニー事務所があったりします。
http://news.jams.tv/trend/inagawa.htm
日本の鉄道事業者(メーカー含む)が、どんな形であれ、海外鉄道への参入を果たすことに期待します。
新規プロジェクトというよりは、既往システムの近代化などで参入できれば素晴らしいと考えます。
posted by pokeo at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | JR東日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

【小田急】東北沢、下北沢、世田谷代田3駅が地下駅に

IMGP0183.JPG
小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区社長:山木利満)は、東京都と進めている『小田急
小田原線(代々木上原〜梅ヶ丘駅間)連続立体交差事業および複々線化事業』において、上下線
を同時に地下に切り替える工事を2013年3月22日(金)終電後に行い、翌日の3月23日(土)初電から、東北沢、下北沢、世田谷代田3駅が地下駅となります。
(PDF;http://www.odakyu.jp/program/info/data.info/7896_5372651_.pdf


IMGP0200.JPG
△東北沢駅 原風景
 前後の両駅が急行停車駅であるため、長時間退避であった。

IMGP0201.JPG
△下北沢駅 原風景
 この狭い路地が名物だったが、どう変わるのだろうか。
 地下化にともなう、作業架台構築だけに4年という歳月をかけたが、本線地下化でひと段落か。

IMGP0204.JPG
△世田谷代田駅 原風景
 この環七があるおかげで、新駅はかなりの土かぶりとなる。頭上に小田急がなくなる環七は無意味に地下に潜るままだろうか。いや、住民の幹線道路横断に十分役立つはずだ。
E6系 653銚子電鉄 594トワイライト 590試乗会 571撮影場所 547動画 518引退 5089000系 507後ろ 452京阪 449最近注目されているキーワードダイヤ改正 2539運転 2311特急 2245貨物列車 2084撮影地 1877機関車 1781回送 1767山手線 1601試運転 1548新幹線
鉄道コム



(おすすめ)
【JR東日本】常磐線日暮里駅ホーム拡幅工事
http://pokeo.seesaa.net/article/290645413.html
posted by pokeo at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。