2016年08月29日

【東京メトロ】東武鉄道とクロネコを地下で飼う?

東京地下鉄(東京メトロ)と東武鉄道、ヤマト運輸などの宅配便大手3社は9月、地下鉄による宅配便の輸送実験をする。宅配便各社の物流拠点から東京メトロなどの駅に荷物を運び、回送列車で輸送する。届け先に近い駅に到着すると、宅配便各社が荷物を引き揚げて配達する。宅配便の運転手不足や道路の渋滞などの問題に対し、どの程度の効果があるかを検証する。

 東京メトロの有楽町線と、同線との直通運転をする東武鉄道の東武東上線で実験する。ヤマト、佐川急便、日本郵便の宅配便大手3社が参加。東京都の新木場駅や埼玉県の和光市駅に近い物流拠点からトラックで駅まで荷物を運び、列車に積み込む。東京都心部にある東京メトロの有楽町、銀座一丁目、新富町の地下鉄駅から地上に荷物を上げ、宅配便各社のトラックで配達先まで届ける。

 宅配便は運転手の不足から物流網の維持が懸念されている。ヤマトは岩手県や宮崎県の路線バス、佐川は新潟県の鉄道で宅配便の荷物を運ぶ取り組みを始めている。都心部でも宅配便の鉄道輸送による渋滞緩和への期待がある。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26I0N_W6A820C1TI1000/(日経)

 ただ、都心の鉄道は朝夕の通勤ラッシュで混雑しており貨物輸送の利用には課題も多い。
DSC_6248.JPG
(コメント)
通勤ラッシュ時間帯以外は、車両は空いているので、試す価値はありそうです。
ただ、駅と物流センターの間はどうするのでしょうかね。新木場の車庫の訓練用ホームがヤマトのトラックと連絡できるようになっていたりして。

東武鉄道が絡んでいますが、最近の東武はスカイツリーがひと段落して更にいろいろチャレンジが見えてよいですね。
posted by pokeo at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 地下鉄(東京メトロ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

【JR東日本】2016年春 415系1500番台は完全引退(常磐線・水戸線)

http://www.jrmito.com/press/151218/press_02.pdf
※2016年春 415系1500番台は完全引退します(JR東日本 水戸支社プレスリリースより)

■新型車両(E531系)20両を追加投入します。
E531系20両(5両×4編成)を追加投入し、415系車両からE531系車両に置き換
えます。これにより、水戸線を走る列車は5両編成に統一します。また、常磐線(竜田駅以南)
と水戸線を走る普通列車は3扉ドアから4扉ドアに統一します。

非常にひっそりと、隠居生活をおくりつつ、安泰と思われていた415系1500番台。
しかし、2016年 春に全車が引退することが2015年12月末に発表された、JR東日本 水戸支社のプレスリリースにより明らかになった。これにて、また、思い出が一つ消滅することとなる。
DSC_1758.jpg
写真は、2008年 JR九州への譲渡回送時のものです。

ダイヤ改正 New 593大阪 New 555
試運転 New 481青ガエル New 471
機関車 ↓ 459動画 New 342駅舎 New 330運転 New 131
きっぷ ↑ 118キハ ↓ 115最近注目されているキーワード
キハ → 4718きっぷ ↑ 2316
新幹線 ↓ 2268北海道新幹線 ↓ 1906青春 ↑ 1807特急 ↑ 1515
ヘッドマーク ↓ 1494カシオペア ↑ 1438貨物列車 → 1419普通列車
posted by pokeo at 02:11| Comment(2) | TrackBack(0) | JR東日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

【小湊鉄道】里山トロッコ、2回で使用不能

いすみ鉄道の『真似っ子どんどん』の結果、模倣のバチが当たったのか。

小湊鉄道の里山トロッコがわずか2回目の営業運転で故障し、3千人の予約をキャンセルした。

使用不能になった原因はリアリティーを増すためだけに存在する蒸気機関車チックな飾りのロッドだが、飾りにもこだわった結果、運休は3月まで続くこととなった。

伊予鉄道の『坊っちゃん列車』でも無かったこの醜態。無理やり作らされたのであろう製造会社はリコールに近い対応を迫られる。

小湊鉄道(市原市、石川晋平社長)の里山トロッコ列車が車両故障で運休していた問題で、同社が年内に予定していた23日までの定期運行を断念し、来春の再開を目指すことが21日、分かった。

 同社によると、里山トロッコ列車は2回目の運行日に当たる11月20日、養老渓谷−上総牛久駅間の上りを走行中に異音が確認され、その後の車両点検で、車輪をつなぐサイドロッドの一部に破損が見つかった。

 サイドロッドは飾りとして付けられていたが、同社は安全確認のために運休を決め、約3千人分の予約をキャンセル。一方で製造に携わった担当者と調査に乗り出し、今も原因究明が進められているという。

 今回の問題について同社は「大変申し訳ない」とあらためて謝罪し、定期運行の再開時期は「社の希望としては来年3月下旬ごろ」とした。

posted by pokeo at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 地方民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

【JR東海】東海道新幹線における車内改札方法の変更について


現在、東海道新幹線では、車掌がお客様のきっぷを車内にて直接拝見してお
ります。予約内容を乗車直前まで変更できる「エクスプレス予約」を平成13
年に導入し、現在では、指定席をご利用されるお客様の約3割が「エクスプレ
ス予約」をご利用されるまで増加しており、さらに今回、車掌携帯端末でお客
様のご利用状況をより正確に把握することが可能となりました(別紙1)ので、
以下のとおり車内改札の方法を変更いたします。これにより、一層おくつろぎ
頂ける車内空間を提供してまいります。
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000028479.pdf

(コメント)寝ようとしたときに限って、やってくるのがこの車内改札。「3分おきに走っているので、乗り間違いの防止のためにやっている」など、それらしい理由も聞こえてきますが、ようやく合理化です。
posted by pokeo at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | JR東海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

【東武】野田線 急行の詳細発表!春日部〜大宮6分短縮

東武鉄道は東武野田線の春日部駅から大宮駅間に急行列車を新設することについて、運行計画詳細をプレスリリースした。
posted by pokeo at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 首都圏民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

【JR東日本】防風柵、京葉・武蔵野線に恩恵

JR東日本では、列車の走行安全性を確保するために、強風が発生した場合には、運転規制を実施しているが、強風による輸送障害を緩和することを目的として、首都圏を中心として防風柵の設置を2007年ごろから進めてきた。
本対策の結果、強風による輸送障害の発生頻度は減少しており、特に東京メガループを構成する京葉線・武蔵野線の効果が大きかった。
https://www.jreast.co.jp/press/2014/20141111.pdf

DSC_2917.JPG
■京葉線
京葉線では、これまで7箇所に防風柵を設置した結果、防風柵がなかった場合の仮定
と比較して、運転中止時間が 55%減少、速度規制(25km/h)時間が 61%減少しました。

DSC_2893.jpg
■武蔵野線
武蔵野線では、これまで3箇所に防風柵を設置した結果、防風柵がなかった場合の仮
定と比較して、運転中止時間が 92%減少、速度規制(25km/h)時間が 86%減少しました。

(コメント)
・8年ほど前、総武本線の江戸川橋梁で、少し上流にある京成電鉄は運休なしなのに、なぜJRは運休する?といった報道があり、地道に改良が進んで行ったようですね。
posted by pokeo at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | JR東日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

【小田急】向ケ丘遊園跡地の住宅開発計画を白紙撤回

職人不足の深刻化によって建設コストが上昇し、建設工事が前に進まない事態が続出している。日経アーキテクチュアと日経コンストラクションが6月24日に発行した書籍「人材危機―建設業から沈む日本」から、労務費高騰が首都圏のマンションに与える影響をリポートする。

 働き盛りのファミリー層にも、職人不足の影は忍び寄っている。

川崎市の向ケ丘遊園跡地で住宅開発計画を白紙撤回した小田急電鉄の事例(「人材危機(1)労務費高騰で事業が止まる」参照)は序章にすぎない。

posted by pokeo at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 首都圏民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

【東京モノレール】JR東日本のお家芸「長時間間合い」運休実施

 羽田空港と都心を結ぶ東京モノレールは21日、レールを切り替えるポイント設備を更新する工事のため、7月5日午後8時ごろ〜6日正午ごろ、浜松町―昭和島間で列車を運休すると発表した。
 工事中は同区間で代行バスを走らせ、昭和島―羽田空港第2ビル間では1時間当たり上下それぞれ5本程度、各駅停車を運行する。170本が運休、乗客約2万9千人に影響する見込み。
 東京モノレールは東京五輪開催前の1964年9月に開業、50年を迎える。工事は大型クレーンを使って、浜松町駅構内に設置されているポイント設備を新型に取り換える。開業当時から運用し続けている唯一のポイントという。

(コメント)
・軌道保守への理解を示したいところですが、頻繁に「長時間間合い」を確保してしまうJR東日本(=親会社)の癖が出てます。
・工事図面が無いのでなんとも言いがたいのですが、下を走る京浜東北線を運休させないのは、せめてもの救いでしょうか。
・外国人の印象は、「鉄道技術の発達している東京で、羽田から乗ることが出来る、化石のような古い交通システム」だそうです。(うーん、厳しい!)
・今回の更新で挿入する、新しい分岐器がメンテナンスしやすいこと、すなわち運休をせずとも材料交換できる構造だと良いのですが。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/article/89689

http://www.tokyo-monorail.co.jp/news/pdf/press_20140521.pdf
posted by pokeo at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 首都圏民鉄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

【JR西日本】103系ウグイス「大阪環状線直通の区間快速」健在!

しばらくニュースの更新をしていませんでした。
理由は、育児と仕事、そして以下の撮影のためでした。
DSC_6885-002.jpg
さて、JR西日本・大阪環状線では、「改造プロジェクト」が立ち上がり、いよいよ103系・201系の置き換えがアナウンスされました。

そんな中で、既に「風前の灯火」状態となっている、ウグイス色の103系が大阪環状線を行く姿に特別な意味を感じ、何度も足を運びました。

「ニュース」とは違いますが、ぜひ、ごらんください。



運用は、以下の通りです(Yahoo!知恵袋より引用)
(朝の運用)
奈良 7:06発
↓319Y列車 区間快速 大阪方面行き
天王寺 7:48着/7:49発
↓1319Y列車 大阪環状線(外回り・大阪 8:10着/8:11発)
天王寺 8:34着/8:38発
↓1382列車 大阪環状線(外回り・大阪 9:02着/9:03発)
天王寺 9:26着/9:30発
↓2406列車 大阪環状線(外回り・大阪 9:58着/9:59発)
京橋 10:06着
→回送(入区)

(夕方の運用)
森ノ宮(待機)
↓回送
京橋 16:46発
↓1491列車 大阪環状線(内回り・大阪 16:53着/16:55発)
天王寺 17:16着/17:17発
↓1507列車 大阪環状線(内回り・大阪 17:39着/17:40発)
天王寺 18:00着/18:01発
↓1523列車 大阪環状線(内回り・大阪 18:22着/18:23発)
天王寺 18:42着/18:44発
↓2476Y列車 大阪環状線(内回り・大阪 19:06着/19:08発)
天王寺 19:27着/19:29発
↓476Y列車 区間快速 加茂行き
加茂 20:22着

※東日本エリアからの撮影で、おすすめホテルは、JR奈良駅前にある「ホテル日航奈良」です(笑)
日比谷線 新型車両 東武 ホームドア リニューアル 7000系 小田急 東武鉄道 ホームドア設置 導入 会議号 特急 運転 ラピート あけぼの 撮影地 ダイヤ改正 貨物 貨物列車 機関車
posted by pokeo at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | JR西日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

【JR東日本】沿線住民の悲願・常磐緩行線12分間隔解消へ!

 2013年春のダイヤ改正について、鉄道各社から概要が発表される中、JR東日本から、常磐緩行線の日中ダイヤについて、12分間隔から10分間隔に改正するというアナウンスがあり、沿線民は長い間、継続されてきた12分間隔ダイヤからついに解放されることとなりました。亀有、金町、北松戸…その他、緩行線各駅の皆様、おめでとうございます。
http://www.jreast.co.jp/press/2013/20131217.pdf


DSC_4150.JPG
DSC_2135.JPG
(コメント)
・平日の午前中下りなどは、空気輸送に近いものもありましたが、金町に理科大ができたり、最近は変わってきているのでしょうかね。(沿線を離れ、7年経ちます…)

・29の次は、41…?んで、53…?小学校1年生の頃、常磐緩行線の12分間隔が教えてくれた「生きた算数」でした。(1時間当たり5本だと、12分間隔になる。繰り上がりの計算など)

・武蔵野線が12分間隔で運転されていたころは、綾瀬から我孫子ゆきで新松戸乗り換えすると、西船橋方面列車と同着・同発するので、間に合いませんでした。

・常磐緩行線より後に開業し、荒地をひた走るイメージの武蔵野線の方が先に10分間隔運転となりました。とても悔しい思いをしました。

・接続の悪さの元凶の、緩行線の本数の少なさ。特別快速が松戸駅での緩行線接続を考慮していましたので、これが継続されることを願いつつ、今回の改正を喜びたいと思います。


喜びの並走!
常磐緩行線、おめでとう!
posted by pokeo at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | JR東日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。